2011年09月30日

人生を変えた1冊 3 【第1巻】

HONDA VT250Fに乗り、自宅ガレージにレーシングチームがある・・・
読んでた頃は、「マンガやし」とか「親がお金持ちやから」とか考えてなかったです。素直に羨ましかったです。
後の鈴鹿4時間耐久レース参戦に関わる重要人物。
一ノ瀬美由紀。

IMG_2091.jpg

確かこれを読んでた頃は免許がまだ無かったので、都会の高校生はこんな人たちがいるのかとビビってました。
しかも高校2年生でレーシングスーツ着てサーキットや峠走ってるんですよ。

自分は田舎の高校生で、高3まで自転車でした。
ちなみにそっちでは「ケッタ」と呼びます。

posted by ME at 19:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 人生を変えた1冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自分も「バリ伝」、全巻読みました!!!

この記事を読んで、また読みたくなりました。
週末は、ネットカフェに居そうな気が…

1巻で見たCBは衝撃的、印象に残っています!
別のバイクマンガ「ぶっこみの拓」、1巻のZ400FXも同様ですね!
Posted by とうま at 2011年10月31日 14:52
>とうま さま
ご無沙汰してます。沖縄はまだ暖かそうでいいですねー^^
バリ伝世代でしたっけ!? ぶっこみの拓!懐かしいです(笑) バイクや車漫画が多かった時代が懐かしいです。
Posted by ME at 2011年12月06日 14:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック