2010年12月16日

13 これから始まる大冒険in BALI

さて。K氏の仕事回りは続く。
次から次へと車を走らせ(運転は弟)、いろんな場所へ移動。

そしてお楽しみのmakan siang.(昼食)
ここは・・・めちゃローカルなWARUNGに到着。これは期待できるかもグッド(上向き矢印)
オーダーしたのはサテカンビン。(か?) そしてナシ(ご飯)と臓物の具のスープ。

DSC06152.jpg

これがもうBAGUSです。enak sekali です。美味すぎる。
とにかく食べ物の味は美味しいの一言。(辛い物は除く・・・)
日本人が好む味です。 安価で美味しく、しかも回りは地元人ばかり。
きれいなお店で豪華な物もいいでしょうけど、自分はコレ。ローカル大好き。


K氏は午後もあっちこっちへ。
オマケの自分は邪魔しないように近所をjalan-jalanです。

空を撮ってみたり、バイクや地元のおばちゃん(っても自分より若いであろう)をこっそり撮ったりダッシュ(走り出すさま)
晴れ暑さははんぱないです。AQUAはすぐ温くなる。けど喉は渇く。
飲む⇒汗⇒飲む⇒汗 の循環でトイレはあまり行きたくなりません(笑)
汗っかきのK氏は自分の汗で常に溺れてます。

DSC06153.jpg

DSC06154.jpg

生活感の溢れてるローカルな景色は大好きです。
道はゴミだらけ、車やバイクは多く、厳しい暑さ。
けれどバリ人の優しい笑顔を見ると癒されます。

ただ、今のところやはりビジネスや観光での世界の中。
そりゃ相手のバリ人も日本人が仕事に来てれば笑顔も出るか・・。優しいと思えるのはそんな中にいるからか?
それは観光地でも同じ。
バリ島を好きになるのは簡単だし、こんなええとこ知らないのはもったいない。と思えるほど。
しかしその「好き」は何を好きなんやろ。。。。

いろいろ考えると、もっともっとローカルなバリ島を経験してしてみたくなります。

個人的な意見はさておき、K氏は今日最後の仕事を終えました。

今日からはUbudに泊まります。
数日ぶりにアリちゃんに会いに行きます。そこには日本人女性も宿泊中(後に出演します)
アリちゃんはつい最近(日本を同じ日に出発しました)まで日本に来てたのですが、その時はなんだか控えめなただのバリ人(雰囲気が)。
しかし、ここで見る姿は別人のよう。バリ人のオーラが出てます。生き生きしてました(笑)


アリちゃんのヴィラは満室のため近くのヴィラを紹介してもらいました。
Ubudの某所にある GARDEN VIEW COTTEGES へ。
スタッフは日本語NG。けどK氏は英語もできるので安心。
宿泊料も安めなので、どんなかな。って入ってみたらこれはなかなか雰囲気のいい場所
DSC06186.jpg

部屋にはこんなものが。タオルで作った白鳥?とにかく鳥っぽいです。
高級ホテルにしかない物だと思ってました 花まで添えてありますぴかぴか(新しい)
DSC06158.jpg

ベランダ(テラス?)もあってこれは予想以上に快適そうるんるん
DSC06159.jpg

荷物を置いて、着替えたら・・・・・・・・・・・・・・

そう。初体験。バイクをレンタルしましたexclamation×2
バリ島を自分達で走ってみる事にしました(K氏は経験あり)
あのゴチャゴチャの交通事情の中を走れるのか・・不安もありますが、楽しみの方が大きいです。

2台レンタルしてヘルメットも借りました。
まだ日暮れまで時間はたっぷりあります。早速出かけましょう!
最初はアリちゃんのヴィラへ。
日本じゃどうってことない事が、初めて海外でのバイク走行にドキドキワクワクで嬉しくて仕方ありません
DSC06160.jpg


長かったか・・・文章下手ですみません。

これは2010年1月のバリ島旅行記です
ラベル:バリ島
posted by ME at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | Om, Swastyastu,2(完結) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック