2010年05月11日

バリ島旅記録「Om, Swastyastu,」追記1

約18,000の島からなる、インドネシア共和国にある東京都の約2.5倍ほどの小さな島。
イスラム教95%の国で5%のヒンドゥー教を守り続けている島。
それが「神々の島」バリ島。
>> フジマニvol.47 BALI特集より


バリ島にしかない文化や風習もたくさんあり、多くの観光客がそれに魅了されます。
言葉や音楽、ダンス、お祭り。あげるとキリがありません。

私はアメリカやヨーロッパへは行ったことがありません。
きっとハメてくれるいろんな景色や文化はいっぱいあるのだと思います。けれど、またバリ島に行きたいです。

バリ島は行きたくて行く場所ではなく、バリ島に呼ばれて行くのだとBali-anオーナK氏は言います。
バリ島を受け入れる事のできる人が呼ばれるのだと思います。
何度か行ってるとそう思わせるシーンに出会います。

200906Bali-2.jpg

200906Bali-1.jpg

あるバリ人Aちゃん。
何ヶ月も長期滞在する日本人。短期であっという間に帰ってしまう日本人。
いろんな旅行スタイルがありますが、全てを気持ちよく受け入れてくれます。

バリ人は優しくて友好的です。
でかいゴキブリも「かわいそいうだよ」って言って殺しませんあせあせ(飛び散る汗)
生き物、機械、物、全てに神が存在すると言います。
そんなバリ人が好きです。
DSC03480.jpg

緑のまぶしい植物の楽園で暮らすバリ人A。
軽いノリが一見いい加減にも思えますが(笑)、日本語・英語・中国語・インドネシア語・バリ語が話せます。
ものすごい努力(勉強も)をしてます。
プッシュポン左斜め下
DSC03496.jpg

バリ島を思い出すと夢のような世界でした。
プッシュポン左斜め下
DSC03491.jpg

旅行会社の勧誘ではありませんが、ぜひそんなバリ島に行ってみてください。
人生で1度は見る価値ありの島です。
そして、それを受け入れられる貴方は、2度でも3度でも行きたくなるはずです。

私はまだまだバリ島初心者ですが、興味がある方はいつでも語ってさしあげましょう。







そしてそんなバリ人A。
日本滞在中にこんなリクエストも受け入れてくれました。
DSC05610.jpg



バリ島旅記録「Om, Swastyastu,」追記1 <<
>>> この内容は2009年6月のバリ島旅行記です。



ラベル:バリ島
posted by ME at 20:40| Comment(2) | TrackBack(0) | Om, Swastyastu,(完結) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
MEさんと全く同感です。
私はMEさんよりもっとBaliBeginnerではありますが、
1度目の旅行ですら、その良さが分かりました。

う〜ん。なんでしょう。理屈じゃない何か。
強いて言えば私が子供だった頃の
(30年くらい前ですが・・・)
日本を思い出します。
ご近所さんも仲良く、ご近所さん宅で昼食をご馳走
していただいたり・・・子供も外で遊んでいましたし。

居心地がいいんですよねぇ。
バリ島って。

笑顔がたまらないんですよねぇ。
バリ人って。

そんなバリにどっぷり浸かっている今日この頃です。
夜な夜なMEさんへ出向いてバリ&モトール談義に
花咲かせちゃおう!と思いますので、お付き合い下さい!!
Posted by YN at 2010年05月13日 15:18
>YN さん
最近インドネシア語が上達してきてるYNさんですね。コメントありがとうございます。
短くまとめるの大変でしたが気合入れて書いた記事でした。一生に数えるくらいしか行けないんですから、どっぷりハマって楽しみましょう!
Posted by ME at 2010年05月18日 22:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。