2013年02月07日

人生を変えた1冊 6 【第1巻】

第1巻でモタモタしてるわけにはいかないのですが。(この先熱くなるシーンが多数)
時代を感じる表紙を。
これをみて「なんのこっちゃ」と思う平成生まれの方もいるかもしれませんが。
当時のアイドルの流派(?)的なもんで。

IMG_4296.jpg

「ぶりっこ」「ツッパリ」など、当時の流行語と言うのでしょうか。なんとも懐かしい昭和な感じです。
ラベル:バリバリ伝説
posted by ME at 15:20| 人生を変えた1冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月13日

沖縄ツーリングノススメ 3

沖縄ツーリングノススメ 3

前の記事で
、年間を通してバイクで走りやすい気候。
、宿泊ツーリングの場合、現地での時間が有効に使え、多種な乗り物に乗れる。

などの説明をさせていただきました。
今回は沖縄【沖縄本島】の地形(面積)についてです。例えば北海道のように広いと足早に観光地を巡っても1泊2日の強行スケジュールでは厳しいです。

【参考】
沖縄県本島の面積:約1,206ku
東京都の面積:約2,187ku
と比べてわかるように非常にコンパクトです。しかも縦長なので段取り良く各地を回れます。

沖縄本島
那覇−古宇利島640.jpg
クリックすると大きく見れます

よく行く今帰仁村の古宇利島までは、那覇市内(レンタルバイクのインリンクさんを例にあげると)から約80km。(参考:上記画像 A地点〜B地点)
そして古宇利島から、本島のほぼ最南端にある平和祈念公園まで約100km
ちなみに平和祈念公園から本島最北端の辺戸岬までは約130kmです。
この距離でわかるように2日あればかなり回れます。

古宇利島のビーチ。真っ白な砂浜と透き通った海がキレイです!
IMG_1891-640.jpg
クリックすると大きく見れます

主な観光地(観光マップを引用)
kankomap1-2-640.jpg
クリックすると大きく見れます

観光マップでわかるように主な観光地は本島の南側(全体の3/4くらい)に集まってますので、欲張りしなければ、かなり効率良く回れるのも魅力です。
小さなオートバイでも充分に走り回せるので、コストも節約できて最高でしょうexclamation&question
ラベル:沖縄 ツーリング
posted by ME at 15:34| 沖縄ツーリングノススメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする